2015年1月12日月曜日

幻のUitima Edicion

1938年ヒットラーの野望の下、国民車Kdfとして誕生したビートル。

終戦後の1945年に本格的に生産が開始され世界20ヵ国あまりの生産拠点で2152万9464台が生産され世界各国に送り出された。

21世紀を迎えたビートルも2003年ついに生産終了、最終ロットの3000台が最終限定車アルティマ・エディシオンとしてメキシコ工場から世界各国にデリバリーされ日本にも150台あまりが輸入され間もなく完売した。(Car MAGZINE)

アルティマ・エディシオンにはアクエリアス・ブルーとハーベスト・ムーン・ベージュの2種類が設定されていましたが私は2004年、いろいろ悩んだ末にカタログからベージュを選択、ブルーは現車を見ることなく幻のビートルとなっていました。
それから10年後の2015年1月10日(土曜日)の朝、埼玉県からブルーのビートルがたまたまご来店くださいました。
2台並べてツーショット。いろいろ撮影してブログにアップしょうとすると、なぜか映像のファイルが見つからない。やはりあれは幻かと思っていると、何と息子がたまたまスマホで撮影、なんとかアップできました。まさに幻のツーショット。
ブルーのビートル様またのご来店お待ちしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿